So-net無料ブログ作成
検索選択

大野雄大の投げるチェンジアップってどんななの? [スポーツ]

昨日のオールスターで西武の森からホームランを打たれた中日大野雄大の投げる決め球はチェンジアップ。
さて、このチェンジアップはどんな球なのか、解説したいと思います。

チェンジアップとは簡単に言うと、投手がストレートと同じように腕を振って投げてくるスローボールのことです。
速いストレートの後に「また速球か」と思わせておいてゆっくりな球がきます。
そして、それはフォークボールのように落ちるんです。

このチェンジアップをあやつるのが大野雄大というわけです。
150k代のストレートにチェンジアップが混じるわけですからそれは打者にとっては打ちにくいでしょうね。
ここに大野雄大投手のチェンジアップの特徴があります。

しかし、大野投手のチェンジアップはそれそのものよりも、教えてくれた人物に話題性があったんです。
それを教えてくれたのはジャイアンツの杉内投手なんです。

で、この二人の接点がどこにあるのか。
これが出身地、出身校、所属どれをとっても見つからず、なぞのままです。

以上






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。