So-net無料ブログ作成

プーチン大統領職員11万人解雇で日本や海外の反応は? [政治]

国家公務員(ロシア内務省職員)を11万人解雇することに署名したロシアのプーチン大統領。
一方借金が多い日本や海外の反応はいかがなものか。

まず、プーチン大統領が解雇したロシア内務省は日本の自治省のようなところで、治安をつかさどっている省ですので、治安が大丈夫か若干心配ではあります。

それにしても、11万人というのは大量です。
日本の国家公務員全員で65万人ですからその多さがわかると思います。

そもそもロシアの財政危機はどこから来ているかというと、大幅な天然ガスや原油の価格の下落が原因です。
この資源安は中国経済の破綻やイランの制裁解除による原油の市場流入によってさらに拍車がかかると思われます。

また、ロシアのウクライナ問題の影響による経済制裁もじわりじわりと効果を表しているのでしょう。

日本では公務員の削減をしようにも、一般職は約4万人。
ロシアのように10万人も削ると治安や公共サービスに影響が出てしまいます。

まあ、一方でギリシアのように経済が破綻に近づいていながら、ロシアと中国の後ろ盾で権威を保っている国もあります。
こういった国にとってロシアは大切な国のはず。

今後、アメリカを中心とした経済制裁や資源安が継続するとなると、海外の反応も敏感になり、日本としても何かしらの行動を起こさないとならなくなる可能性も出てきます。

ロシアプーチン大統領の去就に注目したいものです・





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。