So-net無料ブログ作成

岩手県中2男子自殺加害者の名前 [その他]

岩手県矢巾町の中学2年村松亮さんが自殺し事件。
この事件についてネット上では加害者の名前が判明したと大きく投稿しているブログがある。

私も興味があって覗いてしまった。
しかし、私はとても心が痛く感じた。

なぜなら、そこには確かに加害者として名前が出ているのだが普通の表情の中学生の写真が並んでいるからだ。
もしかすると、本当は加害者ではないかもしれない。
もしかすると、本当はかばっていたのかもしれない。
そう思わせる顔つきであった。

こんな話をしてよいのか非常に失礼ではあるが、私たちの中学時代「いじめ」というラベルはなかった。
今ならまさに「いじめ」と認定されるようないじめを受けていた者もいたと思う。
しかし、そのうちでも小さいものはわれわれのころはコミュニケーションのように思われていた節がないわけではない。
今なら絶対ダメだと当然思うのだが・・・。

なにが言いたいかというと、我々ももしかしたら加害者だったかもしれないということである。
中学生はことの重大さが分からずにやってしまうこともあると思うということだ。
だからいいだろう、なんて言うつもりはないが。

そのような中でこの加害者といわれる子どもたちのことを考えると、死んだ人間も罪を作ってしまったと考えざるを負えない。
自殺した中2の男子も逃げ場を失って本当に苦しかったことだろうと思う。

でも、あえて「死んではならない」(この中2の生徒に言っているのではなく、今生きている人間に)ということを誰かが言い出さないとならないと思うのは私だけだろうか。

私は加害者として掲示されている少年の顔も名前もチラッと見ただけなので覚えていない。
よかったと思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。